スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の強い日は

風が強く吹いて
部屋のカーテンを煽る

カチャリ
カチャリ


窓辺の金具が鳴る度

あたしの心は誘われて行く


そいつは通り道をくぐりぬけ
あたしの肌をなでてくれる

そうして優しさで酔わせたあとに

そっと手を引いて
外へ連れ出す


部屋で感じたのとは違う

もっと素敵な
心地いい風が

あたしの身体にぶつかって

どんどんあたしの後ろに流れていく


吹き流してしまえ


私のネガティブなものすべて

私のだめなところすべて


過去に流してくれたら良いのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。